小麦

小麦は、他のどんな商品作物よりも広い面積で栽培されており、人にとって最も重要な主要作物の一つです。世界人口の全消費カロリーの約20%が小麦から摂取されています。

小麦には何千という品種がありますが、大きく6つのグループに分けられます。「硬質赤冬小麦」「硬質赤春小麦」「軟質赤冬小麦」「硬質白小麦」「軟質白小麦」「デュラム小麦」の6つです。それぞれ食品として特定の用途に用いられます。

  • 硬質赤冬小麦は、強力粉の原材料になります。
  • 硬質赤春小麦はタンパク価が高く、特別なパン類に使われたり、低タンパク小麦とブレンドしたりされます。
  • 軟質赤冬小麦は、ケーキやクッキー、クラッカーに使用されます。
  • 硬質白小麦は、麺や酵母パン、フラットブレッド、スナックなどに適しています。
  • 軟質白小麦は、ケーキ、クラッカー、フラットブレッド、ペストリー向けです。
  • デュラム小麦は、パスタ製品になります。 

小麦には品種が多いため、年間を通じて毎月、世界のどこかで収穫が行われています。

2030年までに小麦の需要は40%増えると予想されており、小麦生産者の生産性、持続可能性、採算性を向上させる農業技術革新が必要です。モンサント・カンパニーはこの5年間、小麦の研究への投資を再開してきました。2009年に米国の小麦種子会社WestBred社を買収して以来、従来育種による小麦の新品種の開発に集中的に取り組むとともに、小麦で遺伝子組換え技術を活用する可能性も研究しています。