世界の農業生産者は、最良の農産物を食卓に届けようと努力しています。消費者が農産物を選ぶ時には、一番見栄えのいいピーマンやトマトレタスを選ぶのが普通です。そうした農産物が店頭に並ぶまでに、農業生産者は、病気や害虫、悪天候など、農場で多くの課題に直面しています。

モンサント・カンパニーでは、病気や害虫の影響を抑える可能性を持った最良の種子を生産者に届けることに取り組んでいます。そして最終的に、見た目がとても良い農産物を食卓に届けています。現在、18種類の野菜種子の研究開発に投資をしています。

モンサント・カンパニーの野菜研究開発パイプライン・プロジェクトに関する詳しい内容は、以下の動画をご覧ください。

動画の翻訳はこちら

開発中のプロジェクトの商業化は、規制当局による承認結果など様々な要因により左右されます。

すべての商標は、モンサント・カンパニー、または子会社が保有します。