ワタは、世界6大陸80カ国以上で栽培されており、衣服や家財道具、工業製品に用いる繊維として、そして、人や動物の食料として消費されています。世界の四大生産国である中国、インド、米国、パキスタンが全世界生産量の75%を占めています。また、世界で最も人口の多い中国、インド、パキスタンの3カ国は、ワタの最大消費国でもあり、全消費量の66%を占めています(出典:米国農務省)。

モンサント・カンパニーによるワタの研究開発パイプラインは、ワタを食害し潜在的な生産力に影響を及ぼすボールワームやアーミーワーム、(カスミ)カメムシ目などの害虫から植物を守りながら、効果的な雑草防除が可能になる除草剤耐性の形質を付与することに尽力しています。

モンサント・カンパニーのワタ研究開発パイプライン・プロジェクトに関する詳しい内容は、以下の動画をご覧ください。

動画の翻訳はこちら

開発中のプロジェクトの商業化は、規制当局による承認結果など様々な要因により左右されます。

すべての商標は、モンサント・カンパニー、または子会社が保有します。