アルファルファ

アルファルファは世界中で生産されている作物で、主に家畜の飼料として使用されています。多年生植物であるため、農業生産者は数年間続けて同じ農地でアルファルファを育てることができます。また、それなりに乾燥にも強い性質を持っています。

アルファルファの種子は非常に小さいため、1エーカー(約0.4ヘクタール)あたり300万個以上の種を播くことができます。発芽し成長した後は、開花期を迎える前に刈り取られ、農地で天日干しされます。乾燥後に集められて「ヘイ(干し草)」となり、多くは家畜に飼料として与えられます。

多年生植物であるアルファルファは刈り取り後にまた成長し、数週間後に再び刈り取ることができます。多くの地域では1年に3回から5回、世界で最も生産性の高い地域では10回以上も刈り取ることが出来ます。

アルファルファはタンパク質含量が高く、乳牛向け飼料の主な原料になっています。

モンサント・カンパニーは、自社の種子製品のブランドに数種類のアルファルファ品種を有しています。数年前にモンサント・カンパニーは、Genuity® Roundup Ready®アルファルファの販売を開始しました。この種子を用いて栽培したアルファルファの畑では、Roundup®ブランドの農耕地用除草剤を散布して雑草を防除することができます。この記事の出典:

UC-Davis アルファルファ概況報告書