「日本モンサント・持続可能な農業を目指す人材育成のための奨学金制度」を創設

 

~筑波大学の生命環境科学研究科・ダブルディグリープログラム・グローバルフードセキュリティーコースを支援

筑波大学と日本モンサント株式会社は2015年11月に、筑波大学生命環境科学研究科とフランス・ボルドー大学、国立台湾大学等との生命環境科学研究科・ダブルディグリープログラム・グローバルフードセキュリティーコースを支援する「日本モンサント・持続可能な農業を目指す人材育成のための奨学金制度」を創設しました。

世界の農業は今、人口増に伴う食糧需要の増加や地球温暖化による農耕地の減少や水不足等、様々なの課題に直面しています。限られた資源でより多くの食料生産を実現する持続可能な農業を確立できる技術開発が求められています。こうした中、モンサント・カンパニーは、育種、植物バイオテクノロジー(遺伝子組換え技術)、化学農薬、農業用生物製剤、データサイエンスを活用した精密農法など、多様な技術を駆使することにより、持続可能な農業の実現に寄与したいと考え、取り組んでいます。

一方で、この持続可能な農業の実現には、これまで以上にグローバルな視点を持った若手研究者やリーダーが求められます。

筑波大学は、ボルドー大学や国立台湾大学との共同学位プログラムを通じて、農業分野でグローバルに活躍出来る若手研究者やリーダーの育成に取り組んでいます。農業大国フランスの循環型農業、台湾の集約農業に関する実地経験を通じて、今までの日本に無かった技術や思想を学び、実践に強い人材を育成することを目的としています。

日本モンサントは、農業分野でグロ-バルに活躍できる若手研究者の育成を目指す、この筑波大学の共同学位プログラムの趣旨に賛同し、志を同じくする企業として、奨学金制度を通じて、同プログラムを支援してまいります。この奨学金を通じて、これからの日本の農業の振興のためにグローバルな視点で新しいモデルを提言し、実現できる人材の育成につながるものと期待しています。