インドにおける農業生産者の自殺 ― 害虫抵抗性ワタ(Btワタ)と何らかの関連があるのか

インターネットでモンサント・カンパニーについて検索を行なうと、弊社商品であるBollgard®ワタ(害虫抵抗性の遺伝子組み換えワタの商品名)の効果がなかったため、インドで多くの農業生産者が自殺へと追いやられた、という主張を目にすることがあります。しかし、インターネットで目にする記事、取り沙汰されている内容がすべて真実とは限りません。これはその代表的な例です。

インドにおける農業生産者の自殺、という痛ましい出来事は、Bollgard®ワタが導入された2002年よりかなり以前からありました。農業生産者の自殺の原因は数多くありますが、借金や負債が主な要因の一つであると、多くの専門家の意見が一致しています。

実際、IMRBインターナショナル(IMRB International)が2004年にインドのワタ生産者を対象に実施した調査では、Bollgard®ワタを栽培した農業生産者では、従来品種のワタの栽培を行なった農業生産者に比べて収益が118パーセント増加しています。また同じ調査では収量が64パーセント増加し、殺虫剤散布にかかるコストが25パーセント減少したことも示されています。

農業生産者はモンサント・カンパニーの顧客です。顧客の成功が無ければ、私たちの成功もありえません。インドの農業生産者は、Bollgard®ワタを用いて、成功を収めてきました。多数のリピーターだけでなく、新しく顧客になる農業生産者も多く存在します。

より詳しくは下記をご覧ください:

 

最終更新日:2008年12月5日