2014年、大豆の作付面積は過去最高、トウモロコシ・大豆・ワタいずれにおいても遺伝子組み換え品種が占める割合が前年より増加

2014/07/03

USDA(米国農務省)は6 月30 日、2014 年の米国内農作物の作付け状況に関する発表を行いました。

トウモロコシ

2014 年度の米国トウモロコシの作付面積合計は、8,380 万エーカー(約3,391 万 ヘクタール)で、前年より4%減少したものの、1944 年以降で5 番目となる作付面積となりました。トウモロコシの総作付面積のうち、遺伝子組み換え品種の割合は、2013 年度より3%上昇して93%となりました。内訳は、害虫抵抗性(Bt)だけを持つ品種が昨年度より1%減少して4%に、除草剤耐性だけを持つ品種は1%減少して13%に、害虫抵抗性と除草剤耐性の両方の性質を持つ掛け合わせ(スタック)品種が5%増加して76%と報告されています。

 

害虫抵抗性のみ

除草剤耐性のみ

害虫抵抗性+除草剤耐性

合計

年度 2013 2014 2013 2014 2013 2014 2013 2014
組み換え
作物%
5 4 14 13 71 76 90 93
大豆

2014 年度の大豆の作付面積合計は、前年から11%増加して過去最高の8,410 万 エーカー(約3,403万 ヘクタール)となりました。大豆総作付面積のうち、遺伝子組み換え品種が占める割合は昨年度より1%上昇して94%であり、遺伝子組み換えによる特性は、すべて除草剤耐性です。

 

除草剤耐性

合計

年度 2013 2014 2013 2014
組み換え
作物%
93 94 93 94
ワタ

2014年度のワタの総作付面積合計は、1,140万 エーカー(約461万 ヘクタール)で前年から9%増加し、うちアップランド綿の作付け面積は1,120万エーカー(約453万ヘクタール)と、昨年より10%増加しました。アップランド綿の作付面積のうち遺伝子組み換え品種が占める割合は96%と、昨年より6%増加しました。内訳は、害虫抵抗性(Bt)だけを持つ品種が昨年度より3%減少して5%に、除草剤耐性だけを持つ品種が3%減少して12%に、害虫抵抗性と除草剤耐性の両方の性質を持つ掛け合わせ(スタック)品種が12%上昇して79%と報告されています。

 

害虫抵抗性のみ

除草剤耐性のみ

害虫抵抗性+除草剤耐性

合計

年度 2013 2014 2013 2014 2013 2014 2013 2014
組み換え
作物%
8 5 15 12 67 79 90 96

詳細は下記をご覧ください。

モンサント・カンパニーは、農業生産性と食品の品質向上に役立つ製品と技術的ソリューションを提供するリーディング・カンパニーです。モンサント・カンパニーは、水やエネルギーなどの天然資源の保全に力を入れる一方、小規模農業生産者も大規模農業生産者もともにより多く生産することができるようにするための取り組みを続けています。弊社の事業や取り組みについての詳細はwww.monsanto.comをご覧ください。
ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCoやブログのwww.monsantoblog.comのBeyond the Rows®、或いは、弊社のNews Release RSS Feedを購読されますと、さらに詳細な情報をご覧いただけます

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧下さい。
http://www.monsanto.co.jp/

 

この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント(株)
広報部 佐々木/ 内田
TEL: 03-6226-6081  FAX: 03-3546-6191  E-mail:bio.info@monsanto.com