根の張りのよくなったDEKALBのトウモロコシ種子で今期栽培シーズンは乾燥耐性の向上を期待

2013/04/02

  • 発表:2013年3月13日 ミズーリ州セントルイス(米国)

多くの州で昨シーズンの干ばつの影響が残る中、各農業生産者は播種シーズンを控え、リスク軽減の方法を模索しています。トウモロコシ生産地帯の農家は、地中深くまで根を張る強い根の構造によって乾燥条件に耐性を持ち、収量損失を抑えられるDEKALB®(デカルブ)の乾燥耐性トウモロコシを選んでいます。

ネブラスカ州ゴーセンバーグにあるモンサント・カンパニーのゴーセンバーグ水資源利用学習センター(Gothenburg Water Utilization Learning Center)で実施された根の比較調査では、より深い根の構造の利点が確認されました。同調査では根を掘り起こし、注目のDEKALB製品が競合製品に比べて大幅に根が深く、また均等に根を張る構造であることを確認しました。DEKALBブランドは太く深い根の構造を持つため、ストレス下で必要となる水分のある心土(下層土)まで伸長し、より多くの水分と栄養分を吸収することができます。その結果、より健康な穂をつけ、収量の大幅増加の可能性も高まります。

根の掘り起こしに参加した農業機械、土木機械メーカーOrthman Manufacturing(オースマン・マニュファクチャリング)の主任アグロノミスト(農業技術者)、Michael Petersen(マイケル・ピーターセン)氏は、「DEKALBブランドは地中と根に関する開発では首位に立っており、穂当たり700から800の穀粒を生産できます」と述べています。

Petersen氏は、地下30インチから80インチ(約75cmから約2m)で土壌中の水分と栄養分の含有量が多くなるため、深い根は長期間の乾燥ストレスに耐えやすいと説明しています。「深い根の構造によって、地表から20インチ(約50cm)程度の浅い層から水分を得るだけの状態より、土壌の全層から水分を得やすくなるのです」。

米USDA(農務省)のウェブサイトからアクセスできる米国干ばつ監視システム(US. Drought Monitor)によると、西部グレートプレーンズを含め、米国の多くの州が現在、「severe(重大)」から「exceptional(例外的な激しさ)」に該当する干ばつ状態にあります。2013年には、当該地域のトウモロコシ農家は、乾燥ストレスに強いモンサント・カンパニーの最新製品DEKALB® Genuity® DroughtGardTM(ジェニュイティ・ドラウトガード)ハイブリッドで根の張りの向上と高収量が期待できるでしょう。DEKALBは今シーズン、先陣を切って新しいGenuity® DroughtGardTMハイブリッドの販売を開始します。

Genuity® DroughtGardTMハイブリッドは、業界をリードするDEKALBブランドの交配育種プログラムと、業界初の遺伝子組み換え技術による乾燥耐性、および減耕起栽培などの耕作法を組み合わせた技術です。この製品は2012年栽培シーズンの試験栽培で好成績を示し、販売予定地域で競合するハイブリッド製品と比較して、エーカー当たり5ブッシェル以上高い収量を上げました。

モンサント・カンパニーのゴーセンバーグ水資源利用学習センターの農業技術者、Mark Reiman(マーク・レイマン)は、「ゴーセンバーグで実施した根の掘り起こしにより、DEKALB®の乾燥耐性の優位性が確認されました」と説明しています。また、「こうした交配育種と遺伝子組み換え技術の組み合わせによるDroughtGardTMハイブリッドの登場により、DEKALB製品を利用する農業生産者は2013年にさらに高い収量を確保できるでしょう」と述べています。

根の掘り起こしのコマ撮り写真と参加者へのインタビュー映像は、www.dekalb.com/rootdigをご覧ください。DEKALBに関する詳細情報は、お近くのDEKALB販売店にお問い合わせいただくか、www.DEKALB.comをご覧ください。事業の動向に関してはwww.facebook.com/DEKALBをご覧ください。

 

モンサント・カンパニーは、農業生産性と食品の品質向上に役立つ製品と技術的ソリュー ションを提供するリーディング・カンパニーです。モンサント・カンパニーは、水やエネル ギーなどの天然資源の保全に力を入れる一方、小規模農業生産者も大規模農業生産者もとも により多く生産することができるようにするための取り組みを続けています。弊社の事業や 取り組みについての詳細はwww.monsanto.com をご覧ください。
ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCo やブログのwww.monsantoblog.com のBeyond the Rows® 、或いは、弊社のNews Release RSS Feed を購読されますと、さらに詳細な情報をご覧 いただけます。

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧下さい。

この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント(株)広報部 佐々木/ 内田
TEL: 03-6226-6081 FAX: 03-3546-6191 E-mail:bio.info@monsanto.com