弊社のイベントに関する8月15日のテレビ朝日の報道について

2018/08/15

8月15日、テレビ朝日のニュース番組において、「遺伝子組み換えなどのイベント金銭払い、肯定ツイート促す」というタイトルでの報道がありました。

対価を払って「遺伝子組み換え作物」について肯定的な投稿をするよう促していたかのような印象を与える報道は事実と反しますので、テレビ朝日の報道姿勢に対して抗議の意を表明すると共に、事実について以下のように説明いたします。なお、以下の事実はテレビ朝日に対しても報道前にすべて説明しております。

・学生に対価を支払った投稿については、イベントに参加して「勉強になったこと」と「面白かったこと」を肯定的に投稿してほしいとの依頼であり、「遺伝子組み換え作物」など特定のものについて肯定的な投稿をしてほしいという依頼は一切行っておりません。

・インフルエンサーマーケティングという有料サービスの事業者を介して参加された一部の学生の方々のイベントへの参加、投稿の内容は、上記2点の指定以外はすべて学生ご本人の意思に基づくものであり、学生たちの「遺伝子組み換え作物」に対する意見を肯定的に変更したり強要する依頼は一切行っておりません。

・インフルエンサーマーケティングというサービスを利用した投稿は、現在、多くの企業で一般的に行われている広告活動であり、今回の投稿もWOMJガイドラインを遵守して行われており、当該報道にもありましたように投稿には#ambassadorとつけPR投稿である旨を明示しています。

・本イベントは、学生に遺伝子組み換え作物だけでなく、様々な品種改良技術についての科学的な事実を専門家の解説と共に、クイズや試食などを交えて楽しく学んでもらうというイベントでした。科学的な事実を学生の視点で感じてもらい、理解してもらうことが目的であり、意見を強要するようなことがあっては本来のイベントの趣旨に反するため、繰り返しになりますが、学生に意見の強要は一切行っておりません。