グリホサートに関する陪審員の誤見について

2018/08/13

モンサント副社長 スコット・パートリッジ(Scott Partridge, Monsanto Vice President)

ドウェイン・ジョンソン氏 対 モンサント・カンパニーの裁判を受けて、皆様同様に、ジョンソン氏に対しまして当社一同より心からお見舞い申し上げます。また、ジョンソン氏ご家族の心中もお察しすると同時に、疑問に対する解答を求めていらっしゃることを理解しています。

解答はグリホサートではありません。グリホサートは発がん物質ではありません。陪審員は間違った理解をしており、当社としては、陪審員の評決に対して上訴し、農業生産者やその他関係者に不可欠なツールであるグリホサートを積極的に守り続けてまいります。上訴審においては科学が勝つと確信しています。

陪審員の評決が科学を変えることはありません。グリホサートには、40年以上に渡り安全に使用されてきた歴史があります。この間、研究者達はグリホサートががんを引き起こさないことを立証する800以上の科学的な試験研究と検証を実施してきました。米国立衛生研究所(NIH)および国際連合食糧農業機関・世界保健機関(FAO/WHO)合同残留農薬会議(JMPR)は、両者ともにグリホサートが発がん物質ではないことを最近、再び断言しています。米国環境保護局(EPA)や欧州、カナダ、日本、オーストラリア、韓国、その他の規制当局は、承認された農薬製品を定期的に審査しており、グリホサートは発がん性がないということを一貫して再表明しています。

科学を議論せずに、原告弁護士は、繰り返し事実を歪曲し、陪審員を煽るために根拠のない、悪質な感情的アピールを行いました。本件における原告弁護士の行為には非常に心を痛めています。裁判官は、数回に渡り本行為を戒め、これらの発言を無視するよう陪審員に指示しました。本行為が不当に陪審員の評議に影響を与えたことを懸念しており、上訴審では本問題について取り上げる予定です。

原告弁護士は、彼らが科学では勝てないことを認識しています。本訴訟は、国際がん研究機関(IARC)という一組織のみの決定に基づいています。IARCは規制当局ではなく、独立した研究を行っていません。IARCは、ビール、肉、携帯電話、コーヒーに発がん性があると分類した組織です。ロイター(参照)およびロンドン・タイムズ(世界最古の英国新聞)による調査報告書によると、グリホサートを審査したIARCのメンバーが重要な科学的データを隠蔽し、主要研究の結論を編集し、米法廷弁護士と密接に調整していたことが明らかになっています。

2015年に発表されたIARCの決定後、法廷弁護士はモンサントに対する訴訟を起こすために公募による広告キャンペーンを開始しました。IARCの決定以前は、グリホサートをがんの起因とする訴訟はありませんでした。これらの訴訟数件に責任を有する連邦判事は最近、原告の証拠は「薄弱」であり、IARCの意見に基づいて裁判に訴訟を持ち込む弁護士は全て「手ごわい挑戦」に直面すると述べました。

当社は今後控訴の申し立てをします。申し立てに関する裁判所による判決に従って、必要に応じてカリフォルニア州控訴裁判所へ上訴します。当社は科学が最終的に勝つと確信しています。農業生産者やその他関係者にとってグリホサートを成分とする農薬は非常に重要であり、根拠のない訴訟をそのまま放置しておくわけにはいかないのです。

本文書の正式言語は英語であり、その内容につきましては英語を優先します。原文は本社のウェブサイトをご参照下さい。