モンサント・カンパニーの会長兼最高経営責任者ヒュー・グラント(Hugh Grant)がバイエル社による買収手続き終了後にモンサント退任の意向を発表

2018/05/11

本文書の正式言語は英語であり、その内容につきましては英語を優先します。原文は本社のウェブサイトをご参照下さい。

ミズーリ州セントルイス(2018年5月7日) ― モンサント・カンパニー(ニューヨーク証券取引所:MON)の会長兼最高経営責任者ヒュー・グラント(Hugh Grant)は本日、バイエル社による買収手続き完了後にモンサントを退任する意向を発表しました。グラントは手続きが完了するまでは同職に留まり、この案件の承認を取りまとめることを最重要目標としてモンサントを主導し、根幹事業の優先課題達成に引き続き注力します。バイエルはこれまで同様、2018年第2四半期の買収手続き完了を目指しています。

「当社の事業が驚くべき成長と変革を遂げたこの時期にモンサントのCEOを務めることができたことを、本当に光栄に思います」とグラントは述べました。「私たちが成し遂げた成果を誇りに思います。そして、今後のモンサントの将来に期待しています」

グラントはスコットランドでの大学時代のアルバイトから始まり、2003年以降は会長兼最高経営責任者としてモンサントを主導するまで、これまで全てのキャリアを農業分野で積み上げてきました。35年に及ぶ在任期間中、グラントの勤務地としては世界3大陸にまたがり、事業の主要な部門を率い、モンサント製品および農業生産者のためのソリューションの多角化に励んできました。

「取締役会を代表し、モンサントでのヒューの素晴らしいリーダーシップに賞賛と感謝の意を贈りたいと思います」とモンサントのリード・ディレクター、ボブ・スティーブンス(Bob Stevens)は述べました。「この15年間、彼と共に働き、モンサントに留まらず幅広い農産業発展のために尽力してきた彼の姿を目の当たりにすることができたのは非常に光栄なことでした。ヒューがモンサント従業員および顧客へ注いだ揺るぎない献身こそ、彼自身やチームによって築き上げられた素晴らしい文化の重要な牽引力となったのです。私たちは、彼のリーダーシップとレガシーを今後間違いなく何年も継承していくでしょう」

「バイエルとの統合はモンサントにとって歴史に残る日となり、私たちの事業の価値を、そして2万人を超えるグローバル・チームの従業員が長年にわたって築き上げてきたすばらしい基盤を強化していくことでしょう」と、グラントは付け加えました。「契約終了後、私は新たな機会を追求する決断をしましたが、これからも農業の提唱者であり続け、常に意見を発信していくことを楽しみにしています。バイエルとの統合の未来には思い入れがあり、胸の高まりを感じています。統合後の会社が、生産性・利益・持続可能性の向上を目指す農業生産者をサポートする機会を、かつてないほど大きくさせることになるでしょう」

会長兼最高経営責任者のヒュー・グラントに加え、モンサント経営陣の数名も、買収完了後間もなく退任する旨を発表しました。各人はバイエルへの移行がスムーズに進むよう、買収完了後しばらくの間は留まる予定です。買収完了後に退任する経営陣は以下の通りです。上級副社長兼最高財務責任者ピエール・コードルー(Pierre Courduroux)、執行副社長兼最高技術責任者ロバート・フレーリー(Robert Fraley)博士、事務主幹兼コミュニティ・リレーションズ担当ジャネット・ホロウェイ(Janet Holloway)、執行副社長・人事担当スティーブン・ミゼル(Steven Mizell)、上級副社長・グローバル戦略担当ケリー・プリート(Kerry Preete)、副社長・監査役ニコル・リンゲンバーグ(Nicole Ringenberg)および執行副社長・事務局長兼法務部長デビッド・スニブリー(David Snively)。

モンサントの現経営陣で、買収完了後にバイエルのクロップ サイエンス部門エグゼクティブ・リーダーシップチームの一員となるのは、モンサント社長兼最高執行責任者ブレット・ベガマン(Brett Begemann)、副社長兼クライメート・コーポレーション社長兼最高執行責任者マイケル・スターン(Michael Stern)博士、最高情報責任者ジェームス・スワンソン(James Swanson)、技術統合担当責任者ロバート・レイター(Robert Reiter)博士およびグローバルサプライチェーン・コマーシャルオペレーション担当責任者ヘヘス・マドラゾ(Jesus Madrazo)です。

モンサント・カンパニーについて

モンサント・カンパニーは、人口が増え続ける世界の人々に必要な食料を供給するために役立つ広範囲なソリューションを提供することに取り組んでいます。当社は、果物や野菜からトウモロコシ、ダイズやワタといった主要穀物まで、農業生産者が十分な量の栄養のある食料を生産するのに役立つ様々な種子を生産しています。当社は、農業生産者が、天然資源を保全し、農業を改善するためのデータを用い、水や他の重要な資源をより効率的に使用し、そして作物を害虫や病気から守るために役立つ持続可能な農業ソリューションを提供するため尽力しています。プログラムやパートナーシップを通じ、当社は、農業生産者、研究者、非営利団体、大学など、世界的な課題に取り組む人々と協力し合っています。モンサント・カンパニーとその取り組み、および問題解決のため献身的に取り組んでいる20,000人を超える従業員についての詳細は、当社ウェブサイトをご覧ください。ツイッターフェイスブックもご覧いただけます。

 

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧ください。
【ウェブサイト】
http://www.monsanto.co.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/MonsantoJapan
【Twitter】
https://twitter.com/monsantojapan
【Blog】
http://www.monsantojournal.jp/
この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント株式会社
広報部 佐々木
TEL: 03-6264-4824 FAX: 03-3566-5411 E-mail: bio.info@monsanto.com