モンサントと2Blades財団、トウモロコシの病害対策で提携

2017/02/14

本文書の正式言語は英語であり、その内容につきましては英語を優先します。原文は本社のウェブサイトをご参照下さい。

セントルイスおよびエバンストン(2017年1月30日)――モンサント・カンパニーと2Blades財団(以下、2Blades)は、トウモロコシの壊滅的な病害に対する新しい遺伝的抵抗性の発見をめざす提携を結びました。2Bladesは、同社の長年のパートナーで植物と病原菌の相互作用の研究において世界をリードする研究機関、The Sainsbury Laboratory(英国ノリッジ)との共同で病害抵抗性遺伝子を提供します。

モンサントのバイオテクノロジー主任Tom Adamsは、「トウモロコシの茎や穂の腐病など、生育中期から後期に見られる症候群は、トウモロコシの病害の中でも最も深刻なものであり、多くの大規模生産地で蔓延し、重大な収量の低下を招く恐れがあります」としたうえで、「有効な農薬等の選択肢も抵抗性品種もほとんどないため、新しいソリューションの開発が極めて重要です。今回の提携は、トウモロコシ生産者のニーズの高い病害抵抗性ソリューションを提供することにつながると期待されます」と述べました。

2Bladesのミッションは、病害による損失の軽減に向けて病原菌に対して継続的抵抗性を持った作物を開発することによって、世界の食糧安全保障に貢献することです。2BladesのDiana Horvath社長は、「このプログラムの目標は、トウモロコシの大幅な収量減少の原因となる病気の複雑な組み合わせに対して、遺伝的なソリューションを生み出すことにあります」と述べています。「The Sainsbury Laboratoryの分子レベルでの植物病害に対する広範な専門知識と、2Bladesの植物病害抵抗性の発見・開発における能力と、農業生産者へのモンサントの優れた製品供給力を組み合わせることで、トウモロコシ病害に対する新しい遺伝的ソリューションの開発に強力な基盤が作り出されます」

The Sainsbury LaboratoryのCyril Zipfel所長は、「The Sainsbury Laboratoryの2大ミッションは、重大な病害による作物の損失防止を目的とした基礎研究の実施とその発見への投資です」と説明し、「今回の提携により、ソリューションを市場に届ける力を持つパートナーと協力することで、私たちは重要な作物の問題に対応することができます」と語っています。

モンサントは、経済的被害の大きい大規模病害に対して、広いスペクトラムで持続的な病害防除技術で農業生産者の収量を守る製品を発見・開発することに取り組んでおり、今回の提携はその取り組みを補完することになります。なお、2Bladesは、このプログラムから生まれる新商品を自給自足農業のための作物にも利用する権利を留保します。

モンサント・カンパニーからのプレスリリース全文は以下からご覧いただけます(英文) 

http://news.monsanto.com/press-release/research-and-development/monsanto-and-2blades-foundation-collaborate-combat-corn-disea

モンサント・カンパニーについて

モンサント・カンパニーは、人口が増え続ける世界の人々に必要な食料を供給するために役立つ広範囲なソリューションを提供することに取り組んでいます。弊社は、果物や野菜からトウモロコシ、ダイズやワタといった主要穀物まで、農業生産者が十分な量の栄養のある食料を生産するのに役立つ様々な種子を生産して います。弊社は、農業生産者が、天然資源を保全し、農業を改善するためのデータを用い、水や他の重要な資源をより効率的に使用し、そして作物を害虫や病気から守るために役立つ持続可能な農業ソリューションを提供するため尽力しています。プログラムやパートナーシップを通じ、弊社は、農業生産者、研究者、非営利団体、大学など、世界的な課題に取り組む人々と協力し合っています。モンサント・カンパニーや弊社の取り組み、および問題解決のため献身的に取り組んでいる20,000人を超える従業員についての詳細は、discover.monsanto.comおよびmonsanto.comをご覧ください。ツイッターの www.twitter.com/MonsantoCoやブログのwww.monsantoblog.comのBeyond the Rows®、或いは、弊社のNews Release RSS Feedを購読されますと、さらに詳細な情報をご覧いただけます。

2Blades財団について

2Blades財団は、イリノイ州エバンストンに本拠を置く内国歳入法501(c)(3)にもとづく非営利団体で、作物の持続的な病害抵抗性の発見・開発・供給に注力しています。2Bladesは世界の主要な研究組織およびThe Sainsbury Laboratory(英国ノリッジ)内の2Blades Groupと連携して、未解決で重大な作物病害の問題に取り組む開発プログラムを設置・運営しています。2Bladesは、独自のプログラムの中で実行される特殊形質と実現技術のポートフォリオを保持し、幅広い利用のためにアウトライセンスしています。2Blades財団のサイト(www.2blades.org)をご覧になるとともに、ツイッターで2Blades(@2blades)のフォローをお願いします。

The Sainsbury Laboratoryについて

The Sainsbury Laboratory(TSL)は、植物および植物と微生物との相互関係について、基礎的な発見に着目し世界をリードしている研究機関です。TSLは植物と病原菌との相互関係についての基礎生物学的な研究成果を提供するにとどまらず、特に発展途上国において食用作物の主要な病害による損失を大幅に抑制できる全く新しい遺伝子学にもとづいたソリューションを提供しています。TSLは独立した公益企業で、Gatsby慈善財団から戦略的資金援助を受けています。財源は競争的補助金のほか、欧州連合(EU)、バイオテクノロジー・生物科学研究会議(BBSRC)、その他営利団体・慈善団体を含む幅広い公共・民間団体からの契約料です。www.tsl.ac.uk

 

将来予想情報に関する注意事項

このコミュニケーションに含まれる記述は、「将来予想に関する記述」を構成する可能性がある。実際の結果は、この将来予想に関する記述内における予想または予測されたものと大きく異なる可能性がある。実際の結果を大きく異なるものとしうる要因には以下を含む:この取引のタイミングに関する不確実性;当該両社が予想された相乗効果と営業効率を、この合併において予想された時間の枠組内には、または全く、達成することができない可能性およびバイエルの営業にモンサントの営業を成功裏に統合させることを、達成することができない可能性;そのような統合は予想より困難であったり、時間がかかったり、費用がかさむかもしれない;この取引後の収益が予想より低いかもしれない;営業費用、顧客の喪失および事業の分裂(従業員、顧客、クライアントまたはサプライヤーとの関係の維持の困難を含むがこれらに限られない)が取引発表後に予想より大きいかもしれない;モンサントにおけるある重要な従業員の維持;この取引が原因で現在進行中の事業運営からマネジメントの注意が途絶えることに関連するリスク;取引の完結に対する条件が充足されないかもしれない、またはこの取引のために必要な規制の承認が予想された条件または予測したスケジュールで得られないかもしれない;当該両社の、この合併のタイミング、完結、会計、税務処理に関する期待を満たす能力;この取引に関してバイエルが負う負債の影響およびバイエル負債の格付けへの潜在的影響;統合後の会社の将来の財務状況、営業実績、戦略および計画を含むバイエルとモンサントの事業統合の効果;米国証券取引委員会(「SEC」)に提出された様式10-Kによるモンサントの2015年8月31日に終了する会計年度の年次報告書またはhttp://www.sec.govとモンサントのウェブサイトwww.monsanto.comで入手可能なモンサントのSECへの他の報告書に詳細が記載された他の要因;ならびにバイエルのウェブサイトwww.bayer.comで入手可能なバイエルの公的な報告書でも検討されている他の要因。バイエルとモンサントは、法律で要求されない限りこのコミュニケーションにおける情報を更新する義務を負わない。ここにある日付に限り伝えるものであるこれらの将来予想に関する記述を、過度に信頼しないよう読者は警告される。

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧ください。
【ウェブサイト】
http://www.monsanto.co.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/MonsantoJapan
【Twitter】
https://twitter.com/monsantojapan
【Blog】
http://www.monsantojournal.jp/
この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント株式会社
広報部 佐々木
TEL: 03-6264-4824 FAX: 03-3566-5411 E-mail: bio.info@monsanto.com