2014会計年度の好調な業績見通しを踏まえて通期業績見通しを上方修正、主力事業の業績を牽引役とした5年間の成長計画を策定し、100億ドルの自社株買いの承認を発表

2014/07/09

  • 2014 年6月25日 ミズーリ州セントルイス(米国)

モンサント・カンパニー(ニューヨーク証券取引所:MON)は、堅調な2014 会計年度第3 四半期の業績を発表し、従来発表していた2014 会計年度の業績について、予想レンジの上限を引き上げました。また主力事業や、新たなプラットフォームの潜在力を踏まえ、2019 会計年度末までにオンゴーイングベースのEPS を少なくとも2倍にする目標を発表しました。また、最新の長期業績見通しを踏まえて新たに100 億ドルの自社株買いの承認を発表しました。

第3 四半期のオンゴーイングベースおよび報告ベースのEPS は1.62 ドル(1 ドル=100 円換算で162 円)でした。農業関連産業を取り巻く環境は厳しさを増していますが、通期のオンゴーイングベースEPS、フリーキャッシュフロー双方におけるこれまでの予想レンジの下限を引き上げました。EPS 見通しについてはオンゴーイングベースで5.10~5.20 ドル(510~520 円)、報告ベースで5.12~5.22(512~522 円)ドルと見通しています。

第3 四半期を通して種子関連事業が軌道に乗っており、年間成長見通しの大部分牽引することができました。厳しさを増す農業関連産業の環境におけるこの好業績は弊社の製品ポートフォリオの幅広さと、これが創出する顧客への価値を語っているものです、とモンサント・カンパニー会長兼最高経営責任者のヒュー・グラントは語りました。この好業績は、農業生産者向けのソリューションを提供する製品ポートフォリオの拡大と併せて、今後5年でオンゴーイングベースの一株当たり利益を少なくとも2倍にする目標と、資本配分の優先付けを推進する自信を、弊社に与えました。資本配分の優先付けについては、株主の皆様への利益還元策を一層拡充する新たな100億ドルの自社株買いの承認も含まれています。

戦略的目標

弊社は本日、持続的な業績モメンタム、好調な実績、継続的な事業機会を踏まえ、2019会計年度末までに、オンゴーイングベースのEPSを少なくとも2倍にする新たな長期目標を示しました。この新しい目標は、主力事業や新たなプラットフォームにおける潜在力の成長の機会に経営陣が自信を持っていることを反映したものです。今後5年間の成長全体の最大の牽引役は、既に確立された主力の種子関連事業であると想定しており、同期間における売上総利益の増加のうち40億ドル(4,000億円)以上を占めると見通しています。弊社はまた、Climate Corporation(クライメート・コーポレーション)社のプラットフォームを含む、新たなプラットフォームを引き続き強力に推進し、これらのプラットフォームが、今後5年にわたる成長分野における戦略、および利益の鍵となると予想しています。

さらに、長期的な事業見通しと有望な債券市場を踏まえ、資本構成を調整し、2015会計年度末までに純有利子負債/EBITDA(利払前税引前償却前利益)比率を1.5にする目標も発表しました。この目標は弊社の事業の季節性に依拠するものであり、経営陣は柔軟かつ秩序ある目標を定めた上で、定期的に資本配分の優先順位および資本構造の見直しと評価を実施することになります。また、運転資本や中長期的な資本の調達必要性に応じて、有利な資金調達を実施できるよう、信用力の高い、投資適格級の格付を維持する計画です。

弊社のバランスシートとキャッシュフローの創出力により、弊社は株主の皆様に利益を還元しつつも、内部、外部に存在する成長機会を推進することができます。現在の自社株買いプログラムの残額は約11億ドル(1,100億円)に加え、新たに2年間で100億ドルの自社株買いを承認することを発表しました。手元資金と借入金を活用し、約60億ドルを投じて、短期的に自社株買いを加速させる方針です。

(単位:100 万ドル)(一株あたりの数字を除く)

第2四半期

第1〜3四半期

2014年

2013年

2014年

2013年

部門別純売上高
トウモロコシの種子関連事業 $ 1,303 $ 1,559 $ 5,771 $ 5,978
大豆の種子関連事業 816 658 1,903 1,566
ワタの種子関連事業 401 385 587 630
野菜種子 221 216 597 571
その他の作物の種子関連事業 299 236 506 410
種子関連事業 合計 $ 3,040 $ 3,054 $ 9,364 $ 9,155
       
農業関連製品事業 $ 1,210 $ 1,194 $ 3,861 $ 3,504
農業関連製品事業 合計 $ 1,210 $ 1,194 $ 3,861 $ 3,504
         
純売上高 合計 $ 4,250 $ 4,248 $ 13,225 $ 12,659
売上総利益 $ 2,331 $ 2,262 $ 7,341 $ 6,729
純利益 $ 858 $ 909 $ 2,896 $ 2,731
希薄後1 株当たり利益 $ 1.62 $ 1.68 $ 5.45 $ 5.05

最新の事業報告

2014会計年度第3四半期および第1~3四半期は、好業績が予想されていた製品ポートフォリオでの好調な業績が寄与し、堅調な結果となりました。第3四半期の純売上高は43億ドル(4,300億円)で、第1~3四半期の純売上高は130億ドル(1兆3,000億円)となりました。

第3四半期の営業経費は、精密農業および生物農薬製剤のプラットフォームへの追加投資を実施したことなどにより、前年同期比で5,800万ドル(58億円)増加しました。前四半期に比べ第3四半期の売上高に対する販売および一般管理費(SG&A)の割合は横ばい、研究開発費(R&D)は前年同期比で3,500万ドル(35億円)増加しました。

第3四半期の一株当たり利益(EPS)は、オンゴーイングベースおよび報告ベース共に1.62ドル(162円)となり、前年同期の1.66ドル(166円)、1.68ドル(168円)をそれぞれ下回りました。2014年度第1~3四半期のEPSは、オンゴーイングベースで5.43ドル(543円)、報告ベースで 5.45ドル(545円)となり、前年同期の5.01ドル(501円)、5.05ドル(505円)をそれぞれ上回りました。

キャッシュフロー

2014年度第1~3四半期の事業活動によって生じる純キャッシュは3億7,100万ドル(371億円)でした。投資活動に必要な純キャッシュは、前年同期の3億8,700万ドル(387億円)に対して約17億ドル(1,700億円)でした。また、2014年度第1~3四半期の財務活動に必要な純キャッシュは、前年同期の7億3,900万ドル(739億円)に対して、4億2,000万ドル(420億円)でした。

2014年度第1~3四半期のフリーキャッシュフローは、前年同期の3億9,900万ドル(399億円)のプラスに対して、14億ドル(1,400億円)のマイナスとなりました。2014年度に実施した事業成長のための主要な投資には、The Climate Corporation(クライメート・コーポレーション)社の買収、および生物農薬製剤分野でのNovozymes(ノボザイムズ)社との提携が含まれています。

今後の見通し

通期の見通しについては、堅調な成長を見込んでおり、従来発表していた見通しのレンジ下限を引き上げ、オンゴーイングベースのEPSを5.10ドル(510円)~5.20ドル(520円)、報告ベースのEPSを5.12ドル(512円)~5.22ドル(522円)の範囲と見通しています。EPS見通しについては、農業関連産業を取り巻く厳しい事業環境の影響を考慮して、主に為替の影響によって0.15~0.20ドル変動する可能性を織り込んでいます。

また、通期のフリーキャッシュフローは従来予想レンジの下限を引き上げて、7億ドル(700億円)~8億ドル(800億円)としました。フリーキャッシュフロー見通しは、今年度実施したThe Climate Corporation(クライメート・コーポレーション)社の買収および生物農薬分野のNovozymes(ノボザ イムズ)社との提携を反映したものです。2014年度の事業活動によって生じる純キャッシュは29億ドル(2,900億円)~33億ドル(3,300億ドル)、投資活動に必要な純キャッシュは、資本支出および買収関連費用を含めて約22億ドル(2,200億円)~25億ドル(2,500億円)と予想しています。

モンサント・カンパニーからのプレスリリース全文は以下からご覧いただけます(英文)。
http://news.monsanto.com/press-release/corporate/building-expected-strong-fy14-monsanto-lifts-current-year-guidance-outlines-

モンサント・カンパニーは、農業生産性と食品の品質向上に役立つ製品と技術的ソリューションを提供するリーディング・カンパニーです。モンサント・カンパニーは、水やエネルギーなどの天然資源の保全に力を入れる一方、小規模農業生産者も大規模農業生産者もともにより多く生産することができるようにするための取り組みを続けています。弊社の事業や取り組みについての詳細はwww.monsanto.com をご覧ください。 ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCo やブログのwww.monsantoblog.com のBeyond the Rows® 、或いは、弊社のNews Release RSS Feed を購読されますと、さらに詳細な情報をご覧 いただけます。

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧下さい。

この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント株式会社
広報部 佐々木/ 内田
TEL: 03-6226-6081 FAX: 03-3546-6191 E-mail: bio.info@monsanto.com