モンサント・カンパニー、2012年度第2四半期決算報告

2012/04/16

  • 通期の一株当たり利益の見通しを、オンゴーイングベースで3.49~3.54ドル、報告ベースで3.45~3.50ドルに引き上げたほか、フリーキャッシュフローの見通しを上方修正
  • 2012年4月4日 ミズーリ州セントルイス(米国)

モンサント・カンパニー(ニューヨーク証券取引所:MON)は、2012年会計年度の上半期を終え、種子関連事業の好調な業績と、米国での堅調な販売、作付け時期の早期化によって、第2四半期の実績が過去最高を記録したと発表しました。第2四半期の種子関連事業が史上最高となる等、これまでの好調な実績を受けて、通期の一株当たり利益見通しをオンゴーイングベース、報告ベースとも上方修正しました。また、通期のフリーキャッシュフロー見通しも上方修正しました。

(単位:100 万ドル)(一株あたりの数字を除く)

第2四半期

上半期

2012年

2011年

2012年

2011年

部門別純売上高
トウモロコシの種子関連事業 $ 2,816 $ 2,397 $ 3,711 $ 3,011
大豆の種子関連事業 689 615 931 841
野菜および果物の種子 215 229 372 412
ワタの種子関連事業 66 67 260 179
その他の作物の種子関連事業 138 113 184 141
種子関連事業 合計 $ 3,924 $ 3,421 $ 5,458 $ 4,584
     
農業関連製品事業 $ 824 $ 710 $ 1,729 $ 1,383
農業関連製品事業 合計 $ 824 $ 710 $ 1,729 $ 1,383
         
純売上高 合計 $ 4,748 $ 4,131 $ 7,187 $ 5,967
売上総利益 $ 2,705 $ 2,310 $ 3,801 $ 3,134
純利益(損失) $ 1,211 $ 1,018 $ 1,337 $ 1,027
希薄後1 株当たり利益(損失) $ 2.24 $ 1.88 $ 2.47 $ 1.89

モンサント・カンパニー代表取締役会長、社長兼CEO、ヒュー・グラントのコメント

「上半期の米国の種子販売シーズンにおける好調な業績と、南米市場の拡大から、2012年は良好な1年になると見通しています。製品群、販売地域の伸びにより、本年度のオンゴーイングベースの利益は10%台後半の伸びとなる見通しです。また農業生産者の皆様に弊社製品ポートフォリオの価値を認識していただいており、生産者の事業拡大のお役に立てる機会が増えていることを、私どもは光栄に感じています。」

最新の事業報告

2012年第2四半期は、トウモロコシ種子関連事業における世界的な収益増加と、米国の種子販売シーズンにおける好調を背景に、純売上高が前年同期比で6億1,700万ドル(1ドル=82円として約506億円)、比率にして15%増加しました。また売上総利益も同17%、金額にして27億ドル(約2,214億円)の増加となりました。上半期の売上総利益は前年同期比21%、金額では6億6,700万ドル(約547億円)増加しました。

第2四半期の営業経費は前年同期比で増加しましたが、事業拡大に伴う、想定範囲内での推移でした。販売および一般管理費(SG&A)は前年同期比5億4,300万ドル(約445億円)増加し、研究開発費も、今後の成長を見越した投資により同3億5,300万ドル(約289億円)増加しました。

第2四半期の一株当たり利益(EPS)は、オンゴーイングベースで2.28ドル(約189円)、報告ベースで2.24ドル(約184円)でした。

 

今後の見通し

2012年度通期の見通しについては、一株当たり利益見通し(オンゴーイングベース)を3.49~3.54ドル(約286~290円)に上方修正しました。報告ベースのEPSは3.45~3.50ドル(約283~287円)の範囲を想定しています。またフリーキャッシュフロー見通しは16億ドル~18億ドル(約1,312~1,476億円)の範囲に上方修正しました。事業活動によって生じる純キャッシュは25億ドル~28億ドル(約2,050~2,296億円)の範囲を予想する一方、投資活動に必要な純キャッシュは9億ドル~10億ドル(約738~820億円)の範囲を想定しています。

 

このプレスリリースは、モンサント・カンパニーが4月4日に発表したプレスリリースをもとに日本語で作成したものです。この資料の内容および解釈については英語のプレスリリースが優先されます。英語のプレスリリースは下記リンク先からご覧いただけます。

モンサント・カンパニーは、農業生産性と食品の品質向上に役立つ製品と技術的ソリュー ションを提供するリーディング・カンパニーです。モンサント・カンパニーは、水やエネル ギーなどの天然資源の保全に力を入れる一方、小規模農業生産者も大規模農業生産者もとも により多く生産することができるようにするための取り組みを続けています。弊社の事業や 取り組みについての詳細はwww.monsanto.com をご覧ください。 ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCo やブログのwww.monsantoblog.com のBeyond the Rows® 、或いは、弊社のNews Release RSS Feed を購読されますと、さらに詳細な情報をご覧 いただけます。

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧下さい。

この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント(株)広報部 佐々木/ 内田
TEL: 03-6226-6081 FAX: 03-3546-6191 E-mail:bio.info@monsanto.com