アフリカ向け水有効利用トウモロコシ(Water Efficient Maize for Africa:WEMA)

サハラ砂漠以南アフリカの農業生産者を支援するためのトウモロコシ改良品種

ニーズ

過去10年間、世界で最も厳しい干ばつの4分の3はアフリカで発生しました。この干ばつが、農業用水を雨水に頼っており、女性がその多くを占める何百万人というアフリカの小規模農業生産者にとって、農業をリスクの高いものにしています。トウモロコシはアフリカで最も幅広く栽培されている主要作物で、3億人を超えるアフリカ人が主な食料としてこれに依存しています。トウモロコシの生産は干ばつにより大きく影響を受け、収量は予測不可能で低くなり、最悪の場合には全く収穫できない可能性があります。

干ばつと同様に、害虫も、害虫を管理する資源に恵まれないアフリカの農業生産者にとって大きな課題のひとつです。トウモロコシが干ばつに耐えられたとしても、干ばつの間、トウモロコシは害虫、特にステムボーラー(アワノメイガ)の影響を非常に受けやすくなります。このため、農業生産者が家族を養うために十分な量のトウモロコシを栽培・収穫できる能力に、さらに影響を与える場合があります。

WEMAプロジェクトについて

アフリカ向け水有効利用トウモロコシ(WEMA)プロジェクトは、ケニアを本拠地とするアフリカ農業技術基金(African Agricultural Technology Foundation:AATF)が主導し、ビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)ハワード・G・バフェット財団(Howard G. Buffett Foundation)アメリカ合衆国国際開発庁(United States Agency for International Development:USAID)が資金提供する、官民パートナーシップです。

WEMAプロジェクトは小規模農業生産者に対して特許料なしで乾燥耐性トウモロコシを開発、利用可能にし、これによりサハラ砂漠以南のアフリカの食料を確保するという目標を持って創設されました。害虫抵抗性は、乾燥耐性に優れたトウモロコシ品種の開発において補完的であり、これもまた無償で利用できます。収量の安定性が高まることは、飢餓を減らし、何百万人にものぼるアフリカの人達の生活改善に役立つ可能性があります。

新品種として、プロジェクトがスタートした2008年の時点で農業生産者が利用できた品種と比較して、中程度の干ばつ、および害虫発生状況下でも収量が高まるものを開発中です。

WEMAは7年目に入っており、AATFの発表によると、パートナーシップを通じて従来育種で開発された種子(バイオテクノロジーではない)が初めて収穫され、その結果は有望なものでした。ケニアの小規模農業生産者は、WEMAの最初のハイブリッド(WE1101、DroughtTEGOTMのブランド名で販売中)を入手することができました。WEMAに参加する諸国で現在進行中の研究開発の結果と規制上の承認を待っていますが、高度な育種と遺伝子組換え技術の両方を用いて開発された乾燥耐性および害虫抵抗性トウモロコシ品種が、将来、農業生産者によって利用されることでしょう。

この品種改良によって、1,400~2,100万の人を養うのに十分な、推定200万トンの食料の増産が可能となります。収穫が増えると、農業生産者はそれを販売して収入を増やし、より良い農業手法に投資する自信が生まれる可能性があります。

モンサント・カンパニーの貢献

モンサント・カンパニーは、育種を実現するためのトウモロコシの遺伝資源の提供、地域に適応したトウモロコシのハイブリッドを開発し普及させるための技術専門知識の提供、そして、商品化された乾燥耐性および害虫抵抗性の形質をアフリカの全ての種子会社に対して特許料なしで無償提供することで、貢献しています。

パートナーについて

このプロジェクトのパートナーも、技術、時間および専門知識で貢献しています。

  • アフリカ農業技術基金(African Agricultural Technology Foundation:AATF)はサハラ砂漠以南のアフリカの資源が限られている小規模農業生産者が利用できるように、農業技術にアクセスし、開発し、提供するための、官民パートナーシップを促進・推進することを目的とした非営利団体です。

国立の農業研究組織:

このプロジェクトは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)ハワード・G・バフェット財団(Howard G. Buffett Foundation)アメリカ合衆国国際開発庁(United States Agency for International Development:USAID)が資金を提供しています。