生物多様性を保全するための、モンサント・カンパニーと、コンサベーション・インターナショナル(Conservation International)のパートナーシップ

コンサベーション・インターナショナル(Conservation International:CI)とモンサント・カンパニーは、連携することで以下の項目を実現し、生物多様性と野生生物の自然生息地に良い変化を促すと確信してパートナーシップを確立しました。

  • ブラジルの大西洋岸森林とセラードの農業生産者と直接接触する、モンサント・カンパニーのサプライチェーンに沿って、最適な慣行が実現されるよう取り組む
  • セラードと大西洋岸森林の生物群系にある2つの生物多様性コリドー(回廊)において、具体的な保全措置を実施する

パートナーシップの目標

このパートナーシップの全般的な目標は、大西洋岸森林(北東コリドー)と、セラード(ジャラポン/西部バイアコリドー)にある2つの生物多様性コリドーにおいて、生物多様性を保全することです。

このプロジェクトには3つの具体的な目標があります。

  • 違法な森林伐採を防ぐ
  • 種の絶滅を食い止める
  • 農業と畜産業のサプライチェーンに関する法令遵守を奨励する

これらの要素の他に、CIとモンサント・カンパニーは連携して、上記の3つの具体的な目標に当社の業務運営を合わせるように、戦略、社内規定、手順を策定していきます。この要素はパートナーシップの成功への鍵となります。その理由は、CIが策定した活動に対するモンサント・カンパニーのサポートと協力、そして当社の日常業務に上記の原則を協調させることは必須であるからです。

大西洋岸森林とセラードで協力する理由は何か?

これらの地域が選ばれた理由は生物多様性のホットスポットと考えられるからです。つまり、これらは、世界で生物学的に最も豊かで脅威にさらされているとCIが特定した、34地域のうちの2つであり、これらの地域では原生林の75%以上がすでに失われているためです。したがって、これらは保全措置を取るべき最優先地域であると同時に、モンサント・カンパニーが事業を展開し、アグリビジネスが環境へ重大な影響を持つ地域でもあります。

パートナーシップの範囲

パートナーシップの一環として、CIは、地域保護に関連してモンサント・カンパニーが環境慣行を改善できる方法を助言・提言します。そしてモンサント・カンパニーは、同地域における事業戦略の主要素の1つとして、セラードと大西洋岸森林における生物多様性の保全を採用します。このパートナーシップでは、両組織が非常に重要であると選んだ地域において、生物多様性の保全を保証するために具体的で評価可能な結果を生み出す活動を実現することが明記されています。

投資

このプロジェクトの総額は1,300万米ドル(1ドル110円計算で約14億3千万円)で、5年にわたって拠出されます。必要な資金は、CIとモンサント・カンパニーが折半します。