モンサント・ビーチェル‐ボーローグ国際奨学金プログラム

イネと小麦は、世界中の何十億もの人の食料の確保にとって非常に重要な2つの主要作物です。併せると、世界人口の半分以上を養っています。ただし、イネと小麦の収量改善は他の作物に後れを取っています。

モンサント・カンパニーでは持続可能な農業への約束の一環として、イネと小麦の育種で博士号を目指す意欲的な個人に奨学金の機会を提供するため、合計1,300万ドル(1ドル110円計算で約14億3千万円)の提供を約束しました。これらの奨学金によって、奨学生は世界中のイネ、小麦生産者に良い影響を与え、農業の未来を改善するためリーダーとしてのスキル、教育やツールが与えられます。

詳細については、モンサント・ビーチェル‐ボーローグ国際奨学金プログラムの説明をご覧ください。